第12回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会

“新型コロナ時代”に考える:健康格差へのヘルスコミュニケーションの挑戦
会期
2020年9月26日(土)~27日(日)
会場
オンライン会場

お知らせ

帝京大学大学院公衆衛生学研究科
帝京大学医療共通教育研究センター
石川ひろの

大会長 ご挨拶

このたび、2020年9月26日(土)、27日(日)の2日間にわたり、第12回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会を開催させていただくことになりました。多くの関係者の皆さまのご支援・ご協力をいただいておりますことに、心より感謝申し上げます。

本学会は、これまで、保健医療に関するコミュニケーションの研究、教育、実践に携わる保健医療系、人文社会学系のさまざまな分野の研究者が集う学際的でゆるやかなつながりをもった学会として、活動を続けてまいりました。この12回目の学術集会を主催できますことを大変光栄に存じます。

今回の学術集会のテーマは、「“新型コロナ時代”に考える:健康格差へのヘルスコミュニケーションの挑戦」としました。米国の健康施策であるHealthy Peopleで取り上げられて以来、ヘルスコミュニケーションが目指してきたのが、「コミュニケーション方略と情報技術を活用して、集団の健康と保健医療の質を向上させ、健康の公平を実現する」ことです。

昨年末からの新型コロナウイルス感染症の拡大は、私たちの社会におけるコミュニケーションのあり方を大きく変化させるとともに、社会的格差が健康に与える影響を改めて浮き彫りにしてきました。情報をどのように伝え、個人や集団の行動変容を促していくのか、多様な立場にある人々の声を聴き、社会的な分断やスティグマを防ぐために何ができるのか、ヘルスコミュニケーションに関する課題も多く見えています。

これらを踏まえ、本学術集会では、基調講演、シンポジウムを通して、ヘルスコミュニケーションは健康格差を生むプロセスにどう関わっているのか、その解消と健康の公平にむけてどのような役割を果たすことができるのか、日本における現状と課題を考えたいと思います。また、特別シンポジウムとして、特に新型コロナウイルス感染症に関するリスクコミュニケーションについても取り上げます。

さまざまな社会活動の制限が続き、見通しのつきにくい現状を踏まえ、今年度の学術集会はオンライン開催とすることを決めました。詳細はまだ検討中ですが、学会員および関連研究者・実践家の皆さまとの新たな形でのコミュニケーションの場をつくりたいと考えております。ぜひ多くの皆さまにご発表、ご参加いただき、学会および学術集会の理念にお力を添えていただけましたら幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

日程表・プログラム

日程表

2020年9月26日(土)、27日(日)
詳細は決まり次第ご案内いたします。

プログラム

基調講演

近藤尚己(東京大学大学院医学系研究科公共健康医学専攻、准教授)

「健康格差の是正に向けたヘルスコミュニケーション学への期待」

シンポジウム1

「患者、住民、コミュニティを育てる・動かすヘルスコミュニケーション」

秋山美紀(慶応義塾大学)、福田吉治(帝京大学)

今村達弥(ささえ愛よろずクリニック、院長)「当事者研究というコミュニケーションの可能性(仮)」

筧裕介(NPO法人イシュープラスデザイン、理事長、慶應義塾大学健康マネジメント研究科、特任教授)「ソーシャルデザインの視点から見るヘルスコミュニケーション(仮)」

永井昌代(APCO WorldWide、Managing Director)「社会や政策を動かすコミュニケーションとアドボカシー(仮)」

福田吉治(帝京大学大学院公衆衛生学研究科・研究科長)

シンポジウム2

「多様性を理解し、支える医療コミュニケーション」

藤崎和彦(岐阜大学)、石川ひろの(帝京大学)

武田裕子(順天堂大学医学部医学教育研究室、教授)「医療者教育における「やさしい日本語」の取り組み(仮)」

大坂和可子(慶応義塾大学看護医療学部、准教授):「Shared Decision Makingを促進する工夫:意思決定ガイドの活用(仮)」

岡本左和子(奈良県立医科大学公衆衛生学講座、講師):「患者の視点から医療を伝える(仮)」

特別シンポジウム

「新型コロナウイルス感染症に関するリスクコミュニケーション(仮)」

企画・共催:メディアドクター研究会

演題募集(一般演題)

演題募集期間

~2020年6月30日(火)

応募資格

筆頭演者または共同演者のうち少なくとも一人は日本ヘルスコミュニケーション学会の会員であること、もしくは応募時に入会申請をしていただくことが必要です。

学会入会申し込みのご案内

発表形式

一般演題は、口演もしくはポスターの2つの形式を予定しております。

いずれも、オンライン会場のテーマ別のセッションに掲載し、発表者・参加者が自由に質疑応答を書き込める電子掲示板をご用意します。発表者は、会期中可能な範囲で掲示板を確認し、ご回答をお願いします。

  1. 一般演題(口演)

    パワーポイント動画(音声付きパワーポイントファイルmp4形式;10分以内)にして提出
    パワーポイントを動画に変換する方法(別サイトに移動します)

    当日インターネット会議システム(Zoom)を用いた質疑応答のセッションを設けます。可能な限りご参加下さい。

  2. 一般演題(ポスター)

    パワーポイントファイル(スライド10枚程度)をPDF形式で提出

    当日は質疑応答のセッションはございません。

いずれも、オンライン会場のテーマ別のセッションに掲載し、発表者・参加者が自由に質疑応答を書き込める電子掲示板をご用意します。また、当日インターネット会議システム(Zoom)を用いた質疑応答のセッションを設けます。

応募テーマ一覧

  • 特別テーマ:新型コロナウイルス感染症を取り巻くコミュニケーション (研究だけでなく実践報告も可)
  • 患者―医療者間コミュニケーション
  • 医療者教育
  • 健康教育・ヘルスキャンペーン
  • メディアコミュニケーション
  • 異文化コミュニケーション
  • リスクコミュニケーション
  • がんを取り巻くコミュニケーション
  • その他

演題・抄録登録の手順

演題登録は、UMIN(大学病院医療情報ネットワーク)オンライン演題登録システムでの登録となります。

新規演題登録
登録確認・修正

抄録投稿規定

  1. 一般演題の区分:「1 口演」または「2 ポスター」とする。
  2. 演題名は100字以内とする。
  3. 発表者の氏名と所属を明記する。
  4. 抄録本文:研究の背景・方法・結果・考察などから構成し、1000字以内とする。
  5. 抄録に図、写真、表は掲載しない。

採択通知

演題の採否通知は、7月末までに演題登録の際に入力されたメールアドレス宛にお知らせします。メールアドレスは正確にご入力ください。

利益相反の開示

日本ヘルスコミュニケーション学会では、学術集会演題発表に際し、共同演者を含む演者全員について、発表内容に関連する利益相反の申告をお願いしております。

口頭及びポスター発表の際、すべての筆頭演者、共同演者の利益相反をスライドの2枚目に開示ください。

事前参加登録のご案内

登録期間

2020年9月27日(日)12:00まで

登録方法

当ホームページからオンライン登録をします。
事務局からご請求書をお送りいたしますので、早めのお支払いをお願い致します。

参加申込

学会参加費

区分費用
学会会員(一般)5000円
学会会員(学生)3000円
非会員(一般)6000円
非会員(学生)4000円

参加費のお支払いについて

PayPalによる外部認証を採用しています。PayPalは高い安全性を誇る世界標準の決済サービスです。 現時点では、Paypalによる銀行口座振替のみですが、クレジットカードでのお支払いも検討しております。 銀行口座振替を行うには、PayPalアカウントを作成し銀行口座情報を登録していただく必要があります。

注意事項

※オンライン登録完了後、ご登録いただいたE-mailアドレス宛に、「参加登録ID」が記載された確認メールが届きますので必ずご確認ください。届かない場合は、下記運営事務局までご連絡ください。

※お支払いいただいた参加費は、理由の如何に関わらず返金致しかねますので、ご注意ください。

参加者・座長・演者へのご案内

準備が整い次第、ご案内いたします。少々お待ちください。

お問い合わせ先

第12回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会 事務局

お問い合わせメールアドレス:jahc-meet@umin.ac.jp