ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~
Health Communication Week 2021, Hiroshima

明日をひらくヘルスコミュニケーション
-コロナ禍の今 見つめ直す-

10月2日・3日はインターネットライブ配信のみの開催になりました

ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~では、オンライン配信と広島大学霞キャンパス会場からのライブ配信を併用するハイブリッド形式での開催を目指して準備を進めてまいりました。しかし残念ながら、現在も新型コロナウイルス感染拡大の収束が見通せない状況が続いております。このような状況に鑑み、日本ヘルスコミュニケーション学会理事会および大会実行委員会で検討を行った結果、10月2日(土)・3日(日)に予定していた広島大学霞キャンパス会場での開催に関してはこれを中止し、インターネットライブ配信のみの開催に変更することにいたしました。また、開催形式の変更に伴い、広島大学霞キャンパス会場で予定していたプログラムの一部は、今後発表時間等を変更する可能性があります。インターネットライブ配信の概要等、詳細につきましては随時お知らせいたします。最新の情報をご確認ください。

広島での開催を心待ちにしていただいていた参加者の皆様には大変申し訳ございませんが、参加者の安全のためご理解いただきますようお願い申し上げます。

2021年8月24日

日本ヘルスコミュニケーション学会 理 事 長 木内 貴弘

ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~ 総大会長 河口 浩之

開催方法変更のお知らせ【PDF文書】

会期/会場2021年10月 2日(土)~3日(日)
広島大学 霞キャンパス
インターネットライブ
9月29日(水)~10月 5日(火)
インターネットオンデマンド

新着情報

  • 2021/09/21日程表を更新しました。参加登録の期間を9月27日(月)まで延長しました。
  • 2021/09/03日程表を更新しました。一般演題プログラムを掲載しました。
  • 2021/08/25広島大学 霞キャンパス会場での開催を中止しました。日程表を8月末に更新する予定です。
  • 2021/08/23日程表を更新いたしました。
  • 2021/07/30演題募集を締め切りました。
  • 2021/07/16演題登録期間を延長しました。
  • 2021/06/08演題登録を開始しました。
  • 2021/06/08ホームページを公開しました。

大会ポスター

アクセス情報

大会長挨拶

ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~ 総大会長
第13回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会 大会長

河口 浩之
(広島大学病院 口腔総合診療科 教授)

このたび、ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~という大会名で第13回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会を2021年10月2日(土),3日(日)の両日、広島で開催することとなりました。

今回の学術集会は、日本ヘルスリテラシー学会学術集会と日本メディカルコミュニケーション学会学術集会との同時開催の形式を取り、Webによる参加も併用するハイブリッド方式で行います。また、9月29日(水)からWeb上で一般演題(口演、ポスター)発表を公開します。広島での開催は2日間ですが、9月29日(水)~10月5日(火)までの7日間、ヘルスコミュニケーションウィークとして、ヘルスコミュニケーションに関する学術交流を活発に行っていただければ幸いに存じます。

今回の学術大会のテーマは、「明日をひらくヘルスコミュニケーション -コロナ禍の今 見つめ直す-」としました。昨年から続く新型コロナウイルス感染症で、予想もしなかった状況となっていますが、このウイルスに関する感染力、感染対策、感染拡大防止策、ワクチンなどの情報は、適切な時、適切な方法で伝わり、人々の行動変容に繋がっているのでしょうか。

新型コロナウイルスは、コミュニケーションスタイルを大きく変えました。非対面・非接触によるコミュニケーション場面の拡大は、今後のコミニュケーションスタイルのモデルとなっていくかもしれません。このように価値観や健康観が急速に変化していくコロナ禍の今、ヘルスコミュニケーションは重要な役割を担っています。良好なヘルスコミュニケーションは、安全で安心な住み良い世界を創ります。今こそヘルスコミュニケーションの出番です! 発信、ヘルスコミュニケーション! 明日をひらけ、ヘルスコミュニケーション!

ヘルスコミュニケーション学の専門家が一堂に会する本学術大会を通して、現状のヘルスコミュニケーションについて多角的に分析、議論し、人々の健康行動や医療行動の変容につながる「明日をひらくヘルスコミュニケーション」ついて平和都市広島から情報発信をしたいと考えています。

このたびの学術集会はこれまでにない開催内容、開催方式となります。本学会の理事長であり、大学病院医療情報ネットワーク(UMIN)センターのセンター長でもある東京大学の木内貴弘教授とUMINセンタースタッフの皆様からのご助言、ご協力のもと、鋭意準備を進めています。2021年10月時点の新型コロナウイルスの感染状況の予測は困難ですが、開催にあたっては、感染予防と流行拡大防止のため、感染症拡大予防策を講じて実施いたしますので、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

多くの皆様方のご参加を、関係者一同、心よりお待ち申し上げております。

第1回日本ヘルスリテラシー学会学術集会 大会長

木内 貴弘
(東京大学大学院医学系研究科 公共健康医学専攻
医療コミュニケーション分野 教授)

日本ヘルスリテラシー学会の設立の経緯について、お話しすることで、第1回日本ヘルスリテラシー学会学術集会のご挨拶に代えたいと思います。

近年、ヘルスリテラシーが大きな注目を集めています。ヘルスリテラシーに関する論文が、国内でも海外でも継続して増え続けています。米国及び欧州やアジアの主要国には既にヘルスリテラシーを対象とした学会が設立されており、International Health Literacy Association(IHLA)、Health Literacy Europa、Asian Health Literacy Association:(AHLA)等の国際学会も既に設立されています。日本においてもヘルスリテラシーを対象とする学会が必要と考え、2019年に京都大学の中山健夫先生をはじめとする同志の先生方と日本ヘルスリテラシー学会を設立しました。

ヘルスコミュニケーションを考えるときには、必ず相手のヘルスリテラシーを考慮しなければなりません。逆にヘルスリテラシーを考えるときには、ヘルスコミュニケーションが行われることが暗黙の前提となっています。ヘルスコミュニケーションは、勿論双方向ですが、ヘルスコミュニケーションという場合には医療者側からの視点、ヘルスリテラシーという場合には患者・市民からの視点が(どちらかというと)重視されていると思います。

12年前に私は日本ヘルスコミュニケーション学会の設立に関わりました。ヘルスコミュニケーションとヘルスリテラシーという非常に関係の深い内容を扱いながら、別々の学会が設立されて、事務局を別々に設置し、会員を奪い合っていては学問の発展につながらないという声もあり、関係者が協議して、日本ヘルスリテラシー学会は、日本ヘルスコミュニケーション学会の分科会となり、事務局は同一とすることになりました。そして、学術集会は、河口浩之教授を中心とする広島大学の皆様の強力なご支援をいただいて、Health Communication Week(HCW)という枠組みで、日本ヘルスコミュニケーション学会、日本メディカルコミュニケーション学会と一緒に開催する運びとなりました。参加者の皆様には、今後も日本ヘルスリテラシー学会、日本ヘルスコミュニケーション学会ともどもご支援・ご協力を賜れれば幸甚です。よろしくお願いいたします。

第1回日本メディカルコミュニケーション学会学術集会 大会長

中山 健夫
(京都大学大学院医学研究科 社会健康医学系専攻
健康情報学分野 教授)

日本ヘルスコミュニケーション学会を起点とした関連領域の新たな学会として、このたび日本ヘルスリテラシー学会と共に日本メディカルコミュニケーション学会が発足しました。

メディカルコミュニケーションは、広い意味でのヘルスコミュニケーションの中で、特に医学や医療の関する医学・医療関係者相互のコミュニケーションを想定し、主な対象として学会、学術集会における研究コミュニケーション、医師等の医療関係者を対象とする医学知識の普及・広報活動、医薬品・医療機器の承認・申請等のコミュニケーションなどを課題とするものです。

今年度はHealth Communication Week 2021, Hiroshimaの場で、本学会主催シンポジウム「メディカルコミュニケーション-いくつかの視点から-」を開催させて頂きます。ご関心をお持ちの方々のご参加を歓迎いたします。

新たなメディカルコミュニケーション学が、「コミュニケーション」の視野をさらに広げていく手がかりとなるように、関連学会と連携して活動を進めていきたいと願っております。どうぞよろしくお願い申し上げます。

アクセシビリティ向上にむけて

ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~では、昨年の第12回日本ヘルスコミュニケーション学会学術集会同様、年齢的・身体的条件にかかわらず、オンライン会場で提供されている情報にアクセスし利用できるよう努めております。演者の方におかれましては、急なお願いにもかかわらず、本方針へのご賛同と、発表資料の作成やご発表の際のご配慮をいただきまして、ありがとうございます。

基調講演およびシンポジウムについては、質疑を含めZoom上に字幕および手話通訳を表示する予定です。また、Web一般口演質疑についても通訳を表示予定です。音声が聴き取りづらい場合も含め、皆さまにご活用いただけましたら幸いです。

今回のアクセシビリティ向上に向けて、お気づきの点がございましたら、大会事務局までご連絡をいただけましたら幸いです。

ヘルスコミュニケーションウィーク2021~広島~
実行委員一同

日程表・プログラム

基調講演 10月2日(土)13:15~14:15

信友直子 (映画監督、映像ディレクター)
演題:認知症が私たち家族にくれたギフト

日本ヘルスコミュニケーション学会シンポジウム1 10月2日(土)14:30~16:00

「コミュニケーション」と「情報」の関係を問い直す-「リテラシー」は両者を繋ぐか-

  • 中山健夫(京都大学)、杉森裕樹(大東文化大学)
  • 木内貴弘(東京大学)「情報からコミュニケーションへ -リテラシーの役割」
  • 中山和弘(聖路加国際大学)「情報に基づく意思決定のためのコミュニケーション」
  • 須賀万智(東京慈恵会医科大学)「コミュニケーション前提としてのヘルスリテラシー ~パブリックヘルスコミュニケーションの観点から」

日本ヘルスコミュニケーション学会シンポジウム2 10月3日(日)13:00~14:30

危機の時代におけるコミュニケーション教育の取り組み-何が変化しどこへ向かうのか-

  • 蓮沼直子(広島大学)、高永 茂(広島大学)
  • 服部 稔(広島大学)「行動科学分野からみたオンラインコミュニケーション教育-ポストコロナに向けて-」
  • 菊地由花(広島大学)「withコロナ時代に求められるスキルとは~ワクチンコミュニケーションを題材に~」
  • 飯田淳子(川崎医療福祉大学)「他者理解の視点と方法を育むエスノグラフィ教育」
  • 木尾哲朗(九州歯科大学)「情意領域のアクティブ・ラーニングを考える」

日本ヘルスリテラシー学会シンポジウム 10月2日(土)16:15~17:45

ヘルスリテラシー -健康を決める力-

  • 木内貴弘(東京大学)
  • 中山和弘(聖路加国際大学) 「ヘルスリテラシーとは何か」
  • 石川ひろの(帝京大学) 「ヘルスリテラシーをどう測るか」

日本メディカルコミュニケーション学会シンポジウム 10月3日(日)10:30~12:00

メディカルコミュニケーション-いくつかの視点から-

  • 中山健夫(京都大学)、藤崎和彦(岐阜大学)
  • 中山健夫(京都大学)「公正な学術情報コミュニケーションを考える」
  • 榊原圭子(東洋大学)「医療者のwell-beingを支える資源としての組織コミュニケーション」
  • 原木万紀子(埼玉県立大学)「メディカルコミュニケーションにおける視覚情報の有効活用に向けた包括的展望-Graphical Abstractに焦点を当てて」

広島大学霞キャンパス会場一般口演発表 10月2日(土)9:15~11:00

Web一般演題発表オンデマンド視聴 9月29日(水)12:00~10月5日(火)18:00

Web一般演題質疑:10月2日(土)18:00~18:30、10月3日(日)9:15~10:15

演題募集(一般演題)

今回は、日本ヘルスコミュニケーション学会のみ一般演題を募集します。日本ヘルスリテラシー学会や日本メディカルコミュニケーション学会がよりふさわしい演題でも一般演題は日本ヘルスコミュニケーション学会に投稿お願いします。

演題登録期間 延長しました 締め切りました

2021年6月8日(火)~7月16日(金)7月30日(金)17:00

応募資格

筆頭演者または共同演者のうち少なくとも⼀⼈は⽇本ヘルスコミュニケーション学会の会員であること、もしくは応募時に⼊会申請をしていただくことが必要です。

学会入会申し込みのご案内

発表形式

⼀般演題は、1.口演(広島大学霞キャンパス会場:Live 配信)、2.口演(オンライン会場:オンデマンド配信)もしくは3.ポスター(オンライン会場:オンデマンド配信)の3つの形式を予定しております。発表資料の作成についての詳細は「参加者・座長・演者へのご案内」をご覧ください。「2.講演」「3.ポスター」に関しては、オンライン会場のテーマ別のセッションに掲載し、発表者・参加者が自由に質疑応答を書き込める電子掲示板をご用意します。発表者は、会期中可能な範囲で掲示板を確認し、ご回答をお願いします。

  1. 口演(広島大学霞キャンパス会場:Live 配信)

    10月2日(土)午前に広島大学霞キャンパス内の会場において、対面の形式で発表してください。発表時間は10分以内、質疑5分。なお、発表の様子をオンライン(Live)で配信する予定です。現地(広島大学霞キャンパス)での発表数に限りがあります。演題の応募者が上限を超えた場合には、オンライン会場(オンデマンド配信)での発表をお願いすることがあります。

  2. 口演(オンライン会場:オンデマンド配信)

    パワーポイント動画(⾳声付きパワーポイントファイルmp4形式;10分以内)にして提出してください。パワーポイントを動画に変換する⽅法(別サイトに移動します)。当⽇10月2日(土)・3日(日)にインターネット会議システム(Zoom)を⽤いた討論を予定しています(プログラム参照)。

  3. ポスター(オンライン会場:オンデマンド配信)

    パワーポイントファイル(スライド10枚程度)をPDF形式で提出してください。なお、演者が希望する場合はポスターの内容に関するコメント(ショートトークと呼ぶ)を付けることができます。ショートトークは2分程度とし、パワーポイント動画(⾳声付きパワーポイントファイルmp4形式;3分以内)にして提出してください。

応募テーマ一覧

  • 患者―医療者間コミュニケーション
  • 医療者教育
  • 健康教育・ヘルスキャンペーン
  • メディアコミュニケーション
  • 異⽂化コミュニケーション
  • リスクコミュニケーション
  • その他

演題登録の手順

演題登録は、UMIN(⼤学病院医療情報ネットワーク)オンライン演題登録システムでの登録となります。演題登録後、必ず「確認・修正」ボタンを押して演題が登録されたことを確かめてください。

演題投稿規定

  1. ⼀般演題の区分:「1.口演(広島大学霞キャンパス会場:Live 配信)」「2.口演(オンライン会場:オンデマンド配信)」または「3.ポスター(オンライン会場:オンデマンド配信)」とする。
  2. 演題名は100字以内とする。
  3. 発表者の氏名と所属を明記する。
  4. 抄録本文:研究の背景・方法・結果・考察などから構成し、1000字以内とする。
  5. 抄録に図、写真、表は掲載しない。

採択通知

7月26日(月)までに演題登録の際に入力されたメールアドレス宛に通知いたします。ご不明な点がある場合は、事務局にお問い合わせください。

利益相反の開示

日本ヘルスコミュニケーション学会では、学術集会演題発表に際し、共同演者を含む演者全員について、発表内容に関連する利益相反の申告をお願いしております。口頭及びポスター発表の際、すべての筆頭演者、共同演者の利益相反をスライドの2枚目に開示してください。

参加登録のご案内

登録期間

  • 事前参加登録:2021年7月23日(金)~9月 27日(月)

    (注意)事前参加登録期間以降も参加登録は受け付けますが、大会事務局で登録、参加費の確認をした後、大会参加のID、パスワードをメールでお知らせしますので、参加登録、参加費支払い当日にメールでお知らせできない場合もございます。ご了承くださいませ。

  • 当日参加登録:2021年10月 2日(土)・3日(日)(参加費が異なります)

登録方法

当ホームページからオンライン登録をします。

ご登録から入金確認、アカウントの発行までにお時間がかかる場合があります。ご了承ください。

学会参加費

学会参加費 表
区分事前参加登録
(7月23日~9月27日(月))
当日参加登録(霞キャンパス)
(10月2日・3日)
学会会員(一般)6,000円8,000円
学会会員(学生)3,000円5,000円
非会員(一般)7,000円8,000円
非会員(学生)4,000円5,000円

事前登録日以降は、PayPal及びクレジットカードを利用した振り込みはできません。
事前登録期間中の参加申請とお振込みにご協力をお願い申し上げます。
10月2日・3日には広島大学霞キャンパス会場で参加登録を受け付けます(支払いは現金のみ)。

参加登録及び参加費のお支払いについて

①「オンライン参加申込」から参加登録をしてください。

②「オンライン参加申込」と同じ区分を選択します。

事前参加登録(2021年9月27日まで)

③お支払い

PayPalによる外部認証を採⽤しています。PayPalは高い安全性を誇る世界標準の決済サービスです。 PayPalによる銀行口座振替およびクレジットカードでのお支払いが可能です。いずれも、PayPalアカウントをご作成いただき、銀行口座情報もしくはクレジットカード情報をご登録いただく必要がございます。

注意事項

オンライン登録完了後、ご登録いただいたE-mailアドレス宛に「ログインID」が記載された確認メールが届きますので必ずご確認ください。ログインIDは、パスワードとともに9月下旬にお知らせします。

参加者・座長・演者へのご案内

ご参加の皆様へ

9月29日(水)12:00に本ホームページ上部に「オンライン会場入口」が表示されますので、そちらからお入りください。 ご入場には、ご参加登録および参加費のお支払い済み後に送付される参加者ご本人のログインIDおよびパスワードが必要です。9月下旬に順次メールにてお知らせします。

開催期間(9月29日(水)12:00~10月5日(火)18:00)中は入退場自由です。

注意事項

本学術集会の一部はZoomで開催します。参加者ご自身の接続環境や操作法に起因するトラブルには学会は責任を負えません。ご了承ください。

Zoomへの接続情報は参加費をお支払いいただいた参加者のメールアドレスのみに送付いたします。接続情報を転送・共有することは固く禁止させていただきます。

一般演題の演者の皆様へ

演題登録された方の参加登録が必要です。複数人で演題登録された場合は少なくともお一人は参加登録をお願いします。事前登録期間中(9月27日まで)にお申し込みください。

発表資料の作成については下記を参考にしてください。

  1. 口演(Live配信)
  2. 口演(オンデマンド配信)
  3. ポスター(オンデマンド配信)

口演(オンデマンド配信)、ポスター(オンデマンド配信)の発表資料の登録期間は9月1日~9月17日です。9月17日までに発表資料の登録を行ってください。

なお発表資料の登録には、演題登録時の演題登録番号と設定していただいたパスワードの入力が必要です。

FAQよくあるお問い合わせ

学会員でなくても参加できますか。

はい、参加できます。お勤め先等にかかわらず、どなたでも参加することができます。ただし、一般演題を登録する場合は筆頭演者または共同演者のうち少なくとも一人は日本ヘルスコミュニケーション学会の会員でなければなりません。応募時に入会申請をしていただくこともできます。

いつまでに参加費を支払えばよいですか。

事前参加登録の期間は「7月23日(金)~9月27日(月)」です。この期間内であれば、HP内にある「Paypal」か「デビッドカードまたはクレジットカード」のボタンを押して参加費を支払ってください。10月2日(土)・3日(日)には広島大学霞キャンパスで当日参加の受け付けを行います(支払いは現金のみ)。できるだけ事前参加登録をして参加費をお支払いください。

参加費の領収証はもらえますか。

事前参加登録をなさった方には、参加費の支払い確認後に大会事務局から「領収証」を郵送いたします。

参加証はもらえますか。

事前参加登録をなさった方には、参加費の支払い確認後に大会事務局から「参加証」を郵送いたします。

オンライン会場に参加するためのIDとパスワードはいつごろ送られてきますか。

IDとパスワードは、参加費の支払い確認後 9月下旬にメールでお知らせします。

入場のためのIDとパスワードを紛失したときどうすればいいですか。

大会事務局にお問い合わせください。その際、ご所属、お名前、参加登録したメールアドレス、領収証にある番号を記載してください。なお、問い合わせが多数の場合、照合にお時間がかかる場合がございます。あらかじめご了承ください。

一般演題採択の連絡はいつ頃ですか。

当初は7月26日(月)までにご連絡することにしておりましたが、演題登録期間を延長しましたので8月上旬にはご連絡する予定です。

掲示板への質問は随時受け付けた状態で、適宜返答するということですか。

オンライン会場のテーマ別のセッションに掲載し、発表者・参加者が自由に質疑応答を書き込める電子掲示板をご用意します。発表者は、学会期間中は可能な範囲で掲示板を確認し、回答をお願いします。

一般演題の発表者は、期間中ずっと掲示板を見ていなくてはなりませんか。

学会期間中ご都合のよい時間に、何度か自分の演題へのコメントがないか掲示板の確認をお願いします。ご都合の悪い日時などについては、早めに掲示板にそのように書き込み、学会終了後の連絡手段(メールアドレスなど)を示していただけるとよいと思います。

口演やポスター発表の発表資料の提出期限はいつですか。

9月17日(金)です。ただし、口演(広島大学霞キャンパス会場:Live 配信)を希望する発表者は、発表当日に「受付」に配付資料をご提出ください。

利益相反の開示に関するテンプレートはありますか。

定型はございません。

実行委員会・大会事務局

  • 大会長河口浩之
  • 実行委員長高永 茂
  • 実行委員内藤真理子、田地 豪、大林泰二、西村瑠美
  • 大会事務局広島大学病院口腔総合診療科内
    〒734-8553 広島市南区霞1-2-3
    Mail hcw2021@hiroshima-u.ac.jp

お問い合わせ

お問い合わせは全てメールでの対応となります。
hcw2021@hiroshima-u.ac.jp